酵素であこがれのほっそりスリム化計画

酵素は体にいいと聞きますが、どんな風に効くのでしょうか?体に良いだけでなく、痩せることもできるなら、もっと酵素を取り入れたいと女性なら思うはず。そのためには酵素について知っていきましょう。

酵素とはどんなものか

酵素には3つの種類があり。代謝酵素、消化酵素、食物酵素と呼ばれています。酵素は、生き物の体の中に存在していて、生命活動維持のために働いています。これらの酵素はどのように働いているのでしょうか。

スリム化の要は代謝酵素

代謝酵素は食べ物をエネルギーに変える役割をしています。筋肉や内臓の中に存在しており、食べ物から得た糖質や脂質を燃やして体を動かします。代謝酵素がよく働くと、食べたものはどんどんエネルギーに変わるので、体は太るヒマがありません。代謝酵素を活動させることが、スリム化には重要なのです。

効率よく栄養をとるための消化酵素

栄養素には、たんぱく質、糖質、脂質があります。これらは食べ物として摂った時の形であり、体の中では分解されて吸収されます。そもそもたんぱく質はアミノ酸、糖質はグルコース、脂質は脂肪酸が結合していて、胃や小腸で消化酵素がその結合を分解しています。ばらばらになったアミノ酸、グルコース、脂肪酸が吸収されて、体を動かすもとになっています。

食べ物で取り込める酵素が食物酵素

食べ物の中に入っているのが食物酵素で、3つの酵素のうち、自分で選んで摂ることができる酵素です。食物酵素も栄養を吸収しやすく分解する働きを持っています。ですから食べた物をより体に届けたい時に摂りたい酵素です。食べ物から酵素を摂る時には、生で食べられる野菜や果物、お刺身などを食べましょう。

疲れやすさの原因を探る

たくさん食べているし栄養も摂れているはずなのに、なんだか疲れやすい、あるいは体つきはがっちりしているのに元気がないなど、見た目と体内の健康にギャップがある人は、酵素が足りていないのかも知れません。

消化酵素が不足していると、栄養を分解して体内に取り込むことができませんし、代謝酵素が不足していると、栄養素がエネルギーに変わってくれません。栄養を摂っているのに元気も出ないし、体には分解しきれない食べ物が脂肪となって、蓄積され太りやすくなるのです。これを繰り返すと体がその状況になじんでしまい、太りやすい体質が出来上がってしまいます。

酵素を増やしていくには

体内にある消化酵素や代謝酵素は、年齢を重ねるごとに作られる量が減っていきます。
そのうえ、脂肪や糖質が過多な食べ物を摂りがちで、本来体脂肪を燃やすための代謝酵素が、食べ物を燃やすだけで終わってしまうとか、消化酵素が働ききれなくて胃腸がもたれるとか、酵素が効率の悪い働きしか出来ていないことが多くなりがちです。

また食べる時間が遅いと、酵素の活性が高まり、消化や代謝がすすむ時間にも、食べ物が体に入ることになるので、ここでも酵素の働きは効率が悪くなります。酵素の働く時間帯は正午から夕方にかけてなので、それ以降の時間には食事は控えめにして、体への負担は少なくしたいものです。

30代後半からは、食物酵素を摂ることを意識した生活が大切です。体内の酵素を増やすために、どのような食品を摂るのが良いでしょうか。

体に酵素をプラスする食品とは

食物酵素は、自分で摂れる酵素です。食べるだけで体の中を活性化する手助けができるのですから、どんなものに酵素が含まれているか、普段から意識して取り入れたいものです。

生野菜や果物、発酵食品に注目

酵素を含んだ食品は、食べるタイミングが大切です。食事する一時間前に摂ると、その後の食事で摂ったたんぱく質を分解しやすくします。

生で食べられる野菜や果物は、摂りやすい食物酵素です。大根、キャベツ、山芋、玉ねぎ、セロリ、にんじん、トマト、ブロッコリー、にんにく、しょうが、りんご、バナナ、パイナップル、キウイフルーツ、アボカドなどに入っています。

発酵食品には植物性と動物性の乳酸菌を含んだ食品があり、これらをバランスよく摂ると、酵素の働きを助けてくれるので腸内環境の正常化を期待できます。植物性の乳酸菌は、胃酸の影響を受けにくく、正常に腸まで届きやすくなっています。

酵素の力をさらに倍増させるために

食物繊維を多く摂る

食物繊維は体内の「困った」成分を弱めてくれるのです。その成分とは、コレステロール、それから血糖値です。食物繊維はこれらの成分の働きを抑えてくれる力があります。腸内環境も整えるので酵素の力を高めてくれます。

抗酸化食品に注目する

抗酸化とは、活性酸素を抑える働きのことです。ビタミン類がこの働きをしますが、ビタミンエース(A・C・E)と呼ばれる栄養素が体の酸化を防ぎます。細胞を健康に保ち代謝をアップさせ、元気で健やかな体を保つ働きをします。

睡眠は眠るだけではありません

体と頭を休めるための睡眠ですが、それだけのことではないのです。日中に体内で使う酵素を作って蓄えるのが睡眠中の仕事です。きちんと酵素を作り出すためには、夜0時を過ぎない時間に眠りに付き、7時間以上の時間を確保することが大切です。

スリム化と健康のために酵素を意識した生活をしましょう

近代化された生活を送ると、酵素は減りがちになります。ですので、食物やサプリメントで酵素を摂り、できるだけ体内環境に合わせた生活に整えると、体内の酵素も活性化し、元気でスリムな体を保つ毎日を送れます。何か一口体に入れる時には、酵素のことを思い出してみて下さい。