忙しくても挑戦できる! 簡単プチ断食

美しくなりたい女性の永遠のテーマ、ダイエット。とはいってもダイエットにはたくさん種類があり、どの方法に挑戦すればよいかということに迷ってしまう方もたくさんいらっしゃいます。

今回はそんな方のためにプチ断食ダイエットをご紹介。本格的に痩せたい方にも、体をちょっと引き締めたいという方にもおすすめのダイエットです。

プチ断食って?

そもそも現代人は「食べ過ぎ」だと言われています。食べ物も豊かにありますし、あなたもお腹が減っていなくても朝・昼・晩と3食食べていませんか?さらに気分転換でおやつを食べてしまうこともきっとあるはず。この、習慣化してしまっている食生活を見直すのが、プチ断食です。

断食というとお寺に籠って厳しい修行のもと何日もかけて行うイメージがあるかもしれませんが、プチ断食はたった1日だけ食事を断つだけ。毎日仕事で忙しくダイエットに挑戦する時間がないという方でも週末1日だけで完結するダイエットなのです。忙しい方は運動したりジムに通ったり、新しいことをプラスするのは大変だと思います。ですがプチ断食のように、いつもの習慣をマイナスすることは手軽にチャレンジできることです。

プチ断食の効果

プチ断食をすると食べ物から余計なカロリーを摂取しないですみ、痩せることができます。単純に食べないから痩せるという効果です。ですが実は大事なのはそこではなく、プチ断食には腸内環境を改善する効果があります。いつも不眠不休で働いている胃腸を休ませることができるので、プチ断食の後には臓器が本来持っている力を取り戻すことができます。

また、腸内環境が改善されることにより、老廃物を排出するデトックス効果も得られます。このことから代謝もよくなり、ダイエット効果のほか美肌効果までも生まれます。そのほかにも自律神経やホルモンバランスが整うなど、嬉しい効果が満載です。

プチ断食のやり方

そんな嬉しい効果がたっぷりのプチ断食の正しいやり方もお伝えしておきます。一番スタンダードなのは3日間かけて行う方法です。土日などお休みを含めた3日間でトライすると良いでしょう。

1日目に準備

まず最初の1日目は、消化に悪いものを摂取しないようにします。具体的にはアルコール、カフェイン、タバコ、揚げ物、甘いものを避けてください。お腹に優しいものを食べ、これからはじまる断食に備えます。

2日目に本格的な断食

続いて2日目は本格的な断食にチャレンジします。ただ、断食と言ってもにんにく、りんごなど酵素が多く含まれる食品なら1食100g程度であれば摂取してもOK。何も食べない場合もサプリやドリンクで酵素を補いましょう。水分の摂取も忘れずに。水分をしっかりとって脱水症状を予防すると、空腹も和らげることができます。

3日目以降は回復期間

3日目には回復食をとります。回復食は断食後の食事のことで、消化のよいものを摂取してください。具体的にはおかゆ、茹で野菜、豆腐などの大豆製品、うどんなどの胃に優しいものです。

朝ご飯、昼ご飯はいつもの半分くらいにおさえ、ゆっくり良く噛んで時間をかけて食べるよう心がけてください。断食のあとに固形物をいきなり胃に入れると体が驚いてしまいます。夜ご飯はいつも通りの食事で大丈夫ですが、できれば脂っこいものや重たいものは避けたほうがベター。

実はプチ断食でもっとも重要なのがこの3日目。本格的な断食をする2日目より、この3日目をどう過ごすかで効果の現れ方が変わってきます。

3日目以降の食事

正式な断食では、断食期間の2倍の回復期間が必要だとされているので、3日以降も軽めの食事にするとより良いです。プチ断食をすると、胃腸だけでなく味覚を感じる機能も回復します。ですから断食後には今までと同じ味付けのものを食べても、これまでよりも濃く感じる方もいます。味覚器官も驚かさないよう、薄い味のものから食べ始めてください。

プチ断食のコツ

このように簡単にチャレンジできるプチ断食。実際に気をつけるポイントを紹介します。

酵素をたっぷり摂る

酵素は生命を維持する上で重要な役割を担っています。酵素は体内で作られるのですが、ストレスや加齢の影響で知らず知らずのうちに減っていってしまいます。酵素が減ると免疫力がおち病気になるリスクが高まったり、代謝を低下させてしまったりと悪影響が。そうならないためには酵素をしっかり摂取することが大事です。これは断食中も同じことで、余分な食べ物はとらない代わりに、しっかりと酵素だけは摂取しておく必要があります。酵素サプリや酵素ドリンクを利用してみましょう。

水をたくさん飲む

プチ断食中にはしっかり水分を補給して、脱水症状を起こさないことも大事。人間の体は70%が水分でできているのですが、プチ断食中は食べ物から水分を摂取することができないので普段よりも意識して水分をとる必要があります。目安は普段の1.5倍ほどの量です。水分を取れば毒素も排出することができます。

月に1〜2回挑戦

断食は仕事のお休みの日に行いましょう。回復期間は仕事に差し支えがない程度に、少しずつ食事の量を増やしていってください。月に1〜2回であれば無理なく続けることができるので、まずはこのペースで挑戦してみてください。慣れてくれば毎週末プチ断食をして体をリセットすることもできます。

プチ断食が終わったら

プチ断食は体質改善によるダイエット法なので、リバウンドしにくいと言われています。体の機能をリセットし、痩せやすく太りにくい体を作るものなのなのです。プチ断食を行うことで体質が少しずつ改善していくので、プチ断食を終えると急に太るということはありません。

ただし断食を行った後の回復食には注意。

正しい回復食をとることがリバウンドを防ぐ重要なカギです。断食が終わったからといって翌日に焼肉を食べてしまったり、甘いものをたくさん食べてしまうと意味がないばかりかせっかくリセットされた内臓の機能を悪化させてしまうことにもなりかねません。回復食は栄養があり、体に優しいものを選んでください。

また、断食中にはお肉や魚などのタンパク質を摂取しないため筋肉が落ちるのを心配される方もいますが1回のプチ断食で筋肉の量が減ることを心配する必要はありません。ですが継続的にプチ断食を行っていると筋肉量も減ってきてしまうので、普段から軽い運動や筋トレをして筋肉の量をキープしておく必要があります。

まとめ

意外と気軽にチャレンジできるプチ断食。ダイエット目的だけでなく、なんとなく体の調子が悪い時にもプチ断食をすると体がすっきりします。月に1〜2回、ぜひ自分のペースで行ってみてください。忙しくても簡単にできますし、ほかのダイエット法よりもすぐに効果を感じることができますよ。