ぽっちゃりさん必見! 2か月で5kg痩せる5つのポイント

「確実に痩せられて、リバウンドしない」。これはダイエッターの永遠のテーマです。しかしリバントなしで確実に体重を落としていくためには、必ず努力が必要。「○○するだけで痩せる!」などといった謳い文句のサプリメントやダイエット法も存在していますが、はっきりいってそんなものはありません。

結局、ダイエットに大事なのは努力するかしないかだけです。今回はさまざまなダイエットに取り組んできた私が、2か月で5kg痩せた方法を伝授します。ポイントをおさえて努力すれば、必ずや痩せることはできます。少しでも痩せたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ダイエット前

最初に、本格的にダイエットを始める前の私のプロフィールを見てください。
性別:女性
年齢:38歳
身長:158cm
体重:60kg

昔は痩せ型だったのですが、出産後から太り始めてしまいました。身長の割に体重が重く、ずんぐりむっくりした印象…。年齢を重ねるごとに痩せづらくなったな、とも思っていました。この状況をなんとか打破しようと取り組んだのが、下記から記すダイエット法です。

バランスのとれた食事

ダイエットをするにあたり、まず調べたのが糖質制限ダイエット。炭水化物や糖類をカットして痩せる方法ですが、続きませんでした。仕事から帰ってきて家族の食事も用意するのですが、やはり炭水化物を一切使わない献立では私以外の家族が満足しません。

また、私も家族の食べているものを見てしまうと我慢ができず、結局すぐにやめてしまいました。そこで私がチャレンジしたのは、糖質制限ダイエットほど厳しくない、きちんとバランスのとれた食事をとること。これは無理をしないので、ストレスなく続けることができました。

女性の場合、基礎代謝量は1150kcalが平均。ですから1日あたり300kcal減らせば、2か月でおよそ18000kcal分痩せることができるはず。体重を1kg落とすには7200kcalが必要なので、18000kcalあればおよそ2.5kgほど痩せることができるんです。

このことに注目し、毎日の食事を850kcalに抑えることに挑戦しました。食事のカロリーを計算してみると、これまでどれだけ無駄にカロリーを摂取してきたかが一目瞭然。たとえば何気なく飲んでいたジュースが200kcalもあった、おやつに食べていたお菓子が400kcalもあった、などに気づくことができました。最初は我慢が少しつらかったですが、1日850kcalに抑えるという目標を立てたことで、ゲーム感覚で摂取カロリーを調整することができました。

ゆるい運動にチャレンジ

摂取カロリーの調整と併せて行ったのが、ゆるめの運動。厳しい筋トレは苦手ですし、辛いので習慣化しません。しかもゆるめの運動のほうがインナーマッスルが鍛えられて、リバウンドしにくいそうです。

私が挑戦したのは「エア縄跳び」。どういったものかというと、つま先を地面につけたまま背伸びをするのです。実際に縄跳びをするように、全身を伸ばして行います。これを歯磨きしている間、テレビを見ている間、通勤電車の中で行いました。

縄跳びは24分間で300kcal消費します。仮に毎日24分間縄跳びをしたとすると、2カ月で18000kcalを消費。つまり、これもおよそ2か月で2.5kgの減量になるのです。もちろんエアなのでこれよりは消費カロリー量は少ないと思いますが、続けることに意味があります。

モチベーションアップ法

基本的に食事制限と運動を行っていればダイエットは成功するでしょう。それでもダイエットに失敗してしまうのは、モチベーションが続かないから。私も過去に何度も挫折してきました。ですが今回は下記の方法でモチベーションを保ちました。

気になる人を作る

結婚して長くなると、ついつい女心が薄れていくもの。痩せて綺麗になろう、という気持ちも少なくなってきます。それを解消するために私は気になる人を作りました。芸能人やスポーツ選手などでもいいですし、職場の人、取引先の人など誰でもいいです。心がときめく人をみつけましょう。もちろん本当に好きになるのではありません。「この人の隣にいる私はこれでいいのか」と考えるだけで、痩せようという気持ちになれます。

痩せる宣言をする

まわりに「いついつまでに○kg痩せる!」といった宣言をしましょう。私は負けず嫌いなので、宣言してしまったからには頑張らなければ恥をかく、と思ってダイエットに取り組むことができました。ポイントは具体的な日時と体重を伝えておくことです。ふんわりと「痩せる」だけではあまりモチベーションもあがりません。

整理整頓をする

実は太っている人は部屋が汚いという統計があります。太っているということは自己管理ができていないということなので、自分の身の回りも管理できていないのです。そうならないために私自身も毎日しっかり部屋を掃除しました。今まで以上に掃除に真剣に取り組んだ結果、家の中が綺麗になっただけでなく運動にもなりました。玄関の三和土を水拭きや窓拭きなどは体力も使いますし、ダイエットには一石二鳥です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。私はこの5つのことを心がけ、痩せることができました。どの方法もちょっと自分の意識を変えるだけでできるので、ストレスなくダイエットに取り組むことができました。ダイエットには何より「意識」が大事だと思います。ダイエットしたいと思っている方の参考になれば幸いです。