あっという間にマイナス5kg! 3つのダイエット法を紹介

20〜30代の日本人女性の平均身長は159cm、そして平均体重は50〜51kgです。とはいえこれはあくまで平均。実際、人にほっそりした印象を与えるためには46kg〜48kg程度に体重を落とす必要があります。私は今、159cmで48kg。40代にしては理想的な体型ですが、こうなるために3カ月で5kgを落としました。チャレンジしたのはたった3つのダイエット法。今回は私がダイエットに成功したその方法をみなさんに伝授いたします!

プロフィール

最初にダイエットを始めるまえの私のプロフィールもお伝えしておきます。
性別: 女性
年齢: 42歳
体重: 53kg
身長: 159cm
太いわけではありませんが、ほっそりしているわけでもなく…。あと少し痩せたいなといつも思っていました。ですがもともとそんなに太いわけではないので、体重を落とすのは余計に大変です。

起きたら白湯

ダイエットを始める前まで、私は朝起きると空腹を感じすぐに朝食を食べていました。ですがこの目覚めてすぐの空腹は、本当にお腹が減っているというわけではないそうです。特に前日の夜にたくさんご飯を食べたのに翌朝お腹が減っているという場合は、その状態を「にせ腹」や「うそ腹」と呼ぶこともあります。空腹だと感じて朝食を食べると、食べ過ぎにつながってしまうだけでなくその後体が重くなってしまうことも。

これを防ぐためには起床後すぐに白湯を飲み、お腹を正常な状態に戻すことが有効です。白湯をのんでしばらくすると、嘘のように空腹を感じなくなるのです。無駄に朝食からカロリーを摂りすぎる心配もなくなり、体も軽くなるのでとてもおすすめです。

朝食の摂り方も改善

白湯を飲み始める前の私の朝食は、ご飯を2膳食べたりとしっかりめでした。朝は食べても太らないと言われますが、それを信じて甘い菓子パンを2つも食べることもありました。確かに夜より朝に食べるほうが太らないのですが、そもそも細い人は朝もこんなには食べないんです。そのことに気づいてからは、私も朝食の内容を工夫するようになりました。

いつも食べているのは豆腐の味噌汁、サラダ、雑穀ご飯です。物足りないなというときはプロテインの甘酒もプラスします。プロテインの甘酒はとっても腹持ちがいいので、予定が立て込んでいる日などに飲むようにしています。

食べる時間帯に注意

ダイエットをしていても、ついつい甘いものや脂っこいものを食べたくなってしまうのが人間。無理に制限してストレスをためてしまうとダイエット失敗の原因になってしまいますし、たまにであれば甘いものも食べてOKだと決めていました。

ただし甘いものや脂っこいものを食べるのであれば、必ず午後1時〜3時までにしましょう。なぜなら消化酵素が体内で活発に活動するのが、午後3時前までの時間帯だから。この時間を狙って食べることで、太りにくくなります。

夕食は19時までに

また、午後8時〜午前4時の時間帯は、酵素が体内で代謝のための活動をしています。この時間帯にしっかり代謝を促進するため、夕食は早めに済ませるのがベター。よくモデルさんも午後6時以降は食べないと言っていると思いますが、これは酵素の働きを考えるととても理にかなっています。就寝前に「ちょっと小腹がすいたな」というくらいの状態が理想です。
 

プロの手を借りる

食欲を上手にコントロールできれば、ある程度までは体重が落ちていきます。ただし顔や下腹など、痩せづらい部分はなかなかサイズダウンしなくて焦ることも。私の場合は顔についた脂肪がなかなか落ちなかったので、「コルギ」という小顔エステにチャレンジしました。隠すことができない顔が小さく見えると、他の部分も痩せてみえるので一石二鳥だと思ったのです。

コルギとは頭蓋骨の歪みを整える、小顔整体です。頭皮のマッサージとツボの刺激、骨盤矯正が主なメニューです。なんと骨盤と後頭部の骨って繋がっているそうです。ですから骨盤を矯正すると自然と小顔になれるそう。小顔整体といっても、全身の矯正に近い印象でした。しかも1回の施術で目に見えて効果が現れるのでモチベーションアップに繋がります。

このようにたまにはプロの手を借りて、気持ち良くダイエットに取り組むのも良い方法です。いまはインターネットで調べれば、お手頃なお試し価格で体験出来るエステのメニューもたくさんあるので、ダイエットに行き詰まったなと思ったら迷わずプロの手を借りましょう。モチベーションが下がるのを防げますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。私がダイエットに成功した方法はとっても簡単。朝食と食事の時間、たまにプロの手を借りたダイエットを行うだけ。これであればどなたでもすぐにダイエットに挑戦できるはずです。自論ですが、食欲をコントロールできればダイエットは8割成功できると思っています。みなさんもぜひダイエットに挑戦して、理想のボディを手に入れてください。